ミラブル カルキ

ミラブルでカルキは抜ける?

ミラブル,カルキ

 

ミラブルについているトルネードスティック。

 

塩素を80%除去できるというフィルターです。

 

 

ここでちよっと気になるのが水道水に含まれているカルキ

 

『カルキ抜き』なんて言葉もありましたよね。

 

 

ここで気になるのが、ミラブルのフィルターでカルキは抜けるのか?という事。

 

 

このフィルターでカルキが抜けるのか気になったので調べてみました。

 

 

ミラブルのフィルターでカルキは抜ける?

 

答えからいってしまうと

 

今、カルキはほとんど使われていないので、カルキの心配はありません。

 

これだと、今の水道水ってどうなってるの?となりますよね。

 

 

カルキと塩素の違いとは?

 

カルキは昔から水道水を洗浄するために使われてきた塩素です。

 

正式名称を【次亜塩素酸(じあえんそさん)カルシウム】といいます。

 

もともとが固形で、カルキという言葉自体はドイツ語から来たものだとか、

 

 

現在主流で使われているのは

 

次亜塩素酸(じあえんそさん)ナトリウム

 

 

ミラブルのフィルターではこの次亜塩素酸ナトリウムを80%除去するという事ですね。

 

 

2つの塩素の違いとは?

 

じつはどうしてカルキが使われなくなったのか?を調べてみたのですが見つかりませんでした。

 

ですが、水道水の消毒に使われる2つの塩素、ちょっとした特性が違っていたので記事にしてみました。

 

 

カルキと呼ばれる次亜塩素酸カルシウムは取り扱いがしやすい固形でしたが、水に溶けると酸化させる力が強い成分。

 

水道管は鉄ですので、酸化(さびる)ことになります。

 

 

一方、現在使われている次亜塩素酸ナトリウム

 

時間が経つと自然分解して食塩水に変わる性質があるそうです。

 

 

水道管を守るためにカルキは使われなくなったという事なのかもしれませんね。

 

 

塩素が守肌によくないのはなぜ?

 

塩素には肌の角質層にダメージを与えたり、髪のキューティクルを痛めてしまうという事です。

 

きれいな水で洗うとお肌や髪にやさしいという事ですね

 

 

たしかに美顔器いらずといわれるのも納得できますよね。

 

 

>>ミラブル公式の記事に戻る

 

 

 

 

 

 

>>トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

page top